KAKERA デザイナー紹介

竹浪 比呂央(たけなみ ひろお)

竹浪 比呂央
ねぶた師
ねぶた原作
1959年、青森県西津軽郡木造町(現つがる市)生まれ。1989年に初の大型ねぶたを制作 して以来、ねぶた大賞、第30回NHK東北放送文化賞はじめ受賞多数。東京ドームをはじめブダペスト、ロサンゼルスなど国内外で 出陣ねぶたを制作。竹浪比呂央ねぶた研究所主宰。青森ねぶたの創作と研究を主としながら、「紙と灯りの造形」 としてのねぶたの新たな可能性を追求し続けている。
竹浪比呂央ねぶた研究所


http://takenami.hiroo-nebutaken.com/hiroo.html

手塚 茂樹(てづか しげき)

手塚 茂樹
ねぶた師
ねぶた原作
1975年、青森県青森市生まれ。5歳のとき見たねぶたに大きな衝撃を受ける。高校時代にねぶた制作の道へ入り、2001年から竹浪比呂央に師事。2002年より展示用ミニねぶたを制作。2006年からは、歴史ある地域ねぶた、『浅虫ねぶた』の制作を担当。 2014年、初の大型ねぶたを制作。

渋谷 達也(しぶたに たつや)

渋谷 達也
照明器具デザイナー
“華”“舞”を担当
1963年、神戸市生まれ。松下電工ほかで商品企画開発・デザインを担当した後、2012年、渋谷達也デザイン事務所設立。『nido』、『tipo』などオリジナル作品を発表。照明器具の商品企画・デザインを行うほか、工芸技法や自然素材の活用研究、日本の森林資源活用研究、旅館のデザイン研究など、多彩な活動を行う。

後藤 崇亜貴(ごとう たかあき)

後藤 崇亜貴
デザイナー
“彩”を担当
1966年、別府市生まれ。グラフィクスアンドデザイニングを経て、1998年に渡米。NYのSJIAssociatesを経て、2004年GT&CANARY社設立。世界の各社のCIや欧文フォントの開発販売も行う。2013年帰国後、SUMMITROCK DESIGNSの看板を掲げ、スケールや地域にとらわれない情熱でデザイン活動中。